オンラインカジノの法律

まえがき

 日本のウェブサイトでオンラインカジノについて調べていると、”逮捕”という文字が…

もし、日本でオンラインカジノをやっていることがバレたら逮捕されてしまうのでしょうか??(;_:)

 実際の新聞記事の内容から考えてみましょう。

ネットカジノ記事

文字方塊: 2016.3.10の新聞記事
ネットカジノ客の男3人を逮捕 
海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 
海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。



●なぜ利用客は逮捕された?

逮捕容疑は2016年2月18日から26日にかけて、会員制カジノサイト『スマートライブカジノ』でブラックジャックのゲームに現金約22万円を賭けた疑いです。

京都府警はクレジットカードの履歴から身元を割り出したと言われています。

日本での今までの法律の解釈では、インターネットによる海外サイトのオンラインカジノは、オンラインカジノ事業者やそのアフィリエイターが国内でカジノに参加していたとしても、賭博罪は事業者とプレイヤーが一緒に処罰されることが前提となっています。

 つまり、、

オンラインカジノ事業者は海外で、処罰されないので、プレイヤーとの賭博罪は成立しないから、安心してプレーできると言うことになるのです。


裁判までの経緯

逮捕されたうちの2人は軽い罰金刑として略式起訴されることに応じて、50万円以下の罰金を支払って事件を終わらせました。

しかし1人は納得せず裁判で争う姿勢を示し裁判となりました。

被告の言い分

海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに、日本国内のパソコンからアクセスしたという事ですが、違法なのかどうかがはっきりしていません。

カジノをやったのは認めるが、違法なのかどうかがはっきりしない状況で逮捕・検挙されたことに納得いかないという事です。

裁判の論点

逮捕された人が営利目的のない単なるユーザーであり、罪名も単純賭博罪です。

例えば、ドイツ刑法や中国刑法などでは、賭博場開張図利罪や職業賭博は処罰されますが、単なる賭博は処罰しない国も実際には多く存在します。

日本の現在の刑法でも単純賭博罪は非常な微罪であり、競馬やパチンコなど、容易に合法的な賭博行為ができ、カジノ法案も可決される状況でこの微罪を適用して刑に処することが妥当であるとは思えないという事です。

海外のオンラインカジノ事業者を処罰することができないにもかかわらず、逮捕されたプレイヤーを処罰することができるのかという点です。

● 判決・結果

あ、 立法の背景×オンライン賭博

刑法186条2項は古典的な賭博を念頭に置いた規定である

現代では移動可能な電子通信機器が発達している

賭博罪の規定は、現代の賭博の実情に適合していない面がある

い、 拡大解釈禁止

立法を経ずに解釈によって処罰を拡大することは許されない

福岡地裁平成27年10月28日

 

裁判の結果は無罪、不起訴でした

 

「逮捕」≠「有罪」

逮捕されたからといって必ず有罪になるとは限らないのです!

実際、このように報道された逮捕者は不起訴となりました。
 

海外のカジノを日本でプレイ!

「ラスベガスでに行ってカジノをしてきた」「マカオのカジノで勝った」など、すでに経験している方も多いと思います(゚∀゚)

日本の法律で賭博に関する罪は日本国内のみで適応されるため、日本人が海外旅行に行ってカジノでプレイし、日本に帰国しても逮捕されることはありません。

オンラインカジノは、カジノのサーバーが海外にあり、それぞれの国のライセンスを得て合法的に運営されています。私たちはインターネットでそこにアクセスし、日本国内でプレイします。
 

カジノは海外、プレイヤーは日本

このようなケースは日本の法律では定められていないため、日本にいながら海外で合法的に運営されているオンラインカジノでプレイすることができるのです♪
 

 

Next Post

Q&A 入出金

入出金                  書類提出について  この手続きは、マネーロンダリングを始め […]
Copyright © 2020いまカジ! All Rights Reserved.