【ゲームの遊び方】サッカーベッド⚽

サッカーベッドのルール

オンラインカジノでベット可能なサッカーのルールや遊び方をご紹介!

サッカーの試合にベットしてさらに盛り上がりましょう!

今、サッカーライブのスコア付きライブベットは大人気です!
 

ルール

ベットはすべて試合時間の90分間が終了した時点の結果を判定します。
 
(フレンドリーマッチは40分の前後半)、延長戦(ゴールデンゴール方式を含む)やPK戦などを審判が結果を変更するなどは含まれません。

試合がどのような理由であれ、試合中止や予定の時間が翌日のAM8:00以降と遅くなり、
 
取り消しになった場合、ベットは無効となり賭け金はすべて返金されます。

特別な試合の場合は、どのような理由であれ、
 
試合中止と予定の時間が翌日のAM8:00以降と遅くなり取り消しになってもベットは有効になります。
 
オッズは変動するのでその時のオッズで計算します。

試合が早めに行われた場合、始まってからベットしたものは全て無効となります。

当日までのオッズを追加します。

ベットの種類

シングルベット

1 x 2

試合(ハンディキャップは含まれません)でどちらのチームが勝つか引分けになるかを予想します。
 
ベットはすべて試合時間の90分間が終了した時点の結果を判定します。
  

ベット例1

最終の結果がアーセナル 1: マンチェスター・ユナイテッド 0 の場合、ハンディキャップをプラスすると、
 
結果はアーセナル 1 : マンチェスター・ユナイテッド 0.5/1 によって、配当金の計算は (100×0.925×0.5)=46.25となります。

  

ベット例2

最終の結果がアーセナル 1 :マンチェスター・ユナイテッド 1 の場合、ハンディキャップをプラスするにすると、
 
結果はアーセナル 1 : マンチェスター·ユナイテッド 1.5/2 によって、100の賭け金は負けとなります。

  

ベット例3

最終の結果はアーセナル 2 :マンチェスター・ユナイテッド1の場合、ハンディキャップをプラスすると、
 
結果はアーセナル 2 :マンチェスター·ユナイテッド 1.5/2 によって、配当金の計算は (100×0.5半分負け)=50となります。

ベット例4

最終の結果はアーセナル 2 :マンチェスター・ユナイテッド 1 の場合、ハンディキャップをプラスすると、
 
結果はアーセナル 2 : マンチェスター・ユナイテッド 2 によって、配当金の計算は引き分けなので賭け金はすべて返金されます。
 
 

ハンディキャップベット

 

  • ハンディキャップベットの配当例:(計算例:アーセナルに賭ける賭け金:100)

 

ベット例1

最終の結果がアーセナル 1: マンチェスター・ユナイテッド 0 の場合、ハンディキャップをプラスすると、結果はアーセナル 1 : マンチェスター・ユナイテッド 0.5/1 によって、配当金の計算は (100×0.925×0.5)=46.25となります。

ベット例2

最終の結果がアーセナル 1 :マンチェスター・ユナイテッド 1 の場合、ハンディキャップをプラスするにすると、結果はアーセナル 1 : マンチェスター·ユナイテッド 1.5/2 によって、100の賭け金は負けとなります。

ベット例3

最終の結果はアーセナル 2 :マンチェスター・ユナイテッド1の場合、ハンディキャップをプラスすると、結果はアーセナル 2 :マンチェスター·ユナイテッド 1.5/2 によって、配当金の計算は (100×0.5半分負け)=50となります。

ベット例4

最終の結果はアーセナル 2 :マンチェスター・ユナイテッド 1 の場合、ハンディキャップをプラスすると、結果はアーセナル 2 : マンチェスター・ユナイテッド 2 によって、配当金の計算は引き分けなので賭け金はすべて返金されます。

ハンディキャップ

  • チームがハンディキャップのベットの条件を提示し、すべてのベットは試合終了した時点の結果をもとに判定します。
     
  • ハンディキャップには以下の2つのベット方法があります:

①試合で、どちらかのチームが「1つ」のハンディキャップの条件を提供

(例)1ゴール(賭け金は全て 1球にベット)

②試合で、どちらかのチームが「2つ」のハンディキャップの条件を提供

(例)ハーフボール/1ボール(賭け金は2つにわけ、半分はハーフボールをベットして、半分は1球にベット)

シングル前半戦ベット

シングル前半戦

  • すべての前半戦ベットは前半戦の試合が終了した時点の結果をもとに判定となります。
     
  • 前半戦が試合中止や取消になった場合、賭け金はすべて返金されます。
     
  • 後半戦が試合中止や取消になった場合、前半戦のベットが有効になります。キャンセルは出来ません。

オーバー/アンダー

  • オーバー/アンダー(総ゴール数):試合の総ゴール数によって、予想した得点より大きいと「オーバー」になり、予想した得点より小さいと「アンダー」になります。
     
  • 試合の総ゴール数と予想する得点が同じ場合、賭け金はすべて返金されます。賭けの結果は規定時間、試合終了後のスコアをもとに決まります。

15分間のオーバー・アンダーベット

  1. 試合で15分間ずつのスコアを決めます(シュートスコアとコーナーキック数、カード数と得点の状況などを含む)。45分(中間前の15分)と90分(終了前の15分)は含まれません。
     
  2. 試合の総ゴール数が、予想した総ゴール数より大きいと「オーバー」になり、予想した総ゴール数より小さいと「アンダー」になります。
     
  3. 15分の「15分間のオーバー・アンダーベット」 00:00から15:00までが終了した時点の結果をもとに判定します。15分が終了する前にベットしなければなりません。
     
  4. 30分の「15分間のオーバー・アンダーベット」 15:01 – 30:00までの終了した時点の結果をもとに判定します。30分が終了する前にベットしなければなりません。
     
  5. 60分の「15分間のオーバー・アンダーベット」 45:01 – 60:00までの終了した時点の結果をもとに判定します。60分が終了する前にベットしなければなりません。
     
  6. 75分の「15分間のオーバー・アンダーベット」 60:01 – 75:00までの終了した時点の結果をもとに判定します。75分が終了する前にベットしなければなりません。
     
  7. 得点の時間(ボールがゴールラインを越える)はライブ放送が基準になります。
     
  8. 試合が停止或いは中止になった場合、終わっていない「15分間のオーバー・アンダーベット」に対するすべての賭けは取り消します。その時間がすでに賭けた特定の「15分オーバー・アンダーベット」のセットを超えた場合、すべての賭けは有効となります。
     
  9. 全ての「15分間のオーバー・アンダーベット」のラスト2分でデンジャーボール(デンジャーゾーンでPK戦やペナルティキックやフリーキックなど)が現れるとベットの受け取りが遅くなることがあります。

ランニングボール

  • 試合が始まるとベットするのはランニングボールとなります。ハンディキャップとオーバー・アンダーとオッド・イーブンの3種類あります。

ランニングハンディキャップ

  • 1つのチームがハンディキャップのベットの条件を提示し、すべてのベットは試合が終了した時点の結果をもとに判定します。(審判の終了の笛)
     
  • 勝ち:試合が終了した時点の結果とオッズの得点はハンディキャップを提示する条件と比べます。
     
  • 配当金:ランニングハンディキャップの勝つ条件プラスオッズの基準をもとに計算します。

ランニングオーバー/アンダー

  • オーバー/アンダー(総ゴール数):試合の合計得点によって、予想した得点より大きいと「オーバー」になり、予想した得点より小さいと「アンダー」になります。
     
  • 勝ち:試合終了した時点の結果(総ゴール数)とオッズ時の得点はオーバー/アンダーを提示した条件と比べます。
     
  • 配当金:ランニングオーバー/アンダーの勝利の条件はプラスオッズを基準として計算します。

ランニングオッド・イーブン

  • 総ゴール数が〔奇数〕になるか〔偶数〕になるか予想します。すべてのベットは試合終了時点の結果をもとに判定します。
    例:ゴール数が奇数だと合計得点は〔奇数〕
    例:ゴール数が偶数だと合計得点は〔偶数〕
     
  • 勝ち:試合終了した時点の結果(総ゴール数)とオッズ時の得点はオッド・イーブン(総ゴール数)を提供した条件と比べます。
     
  • 配当金:ランニングオッド・イーブンの勝つ条件プラスオッズを基準にして計算します。

ランニングハンディキャップの配当例:

ベット例1

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

マンチェスター・ユナイテッドの賭け金:1000

試合結果

マンチェスター・ユナイテッド 2:0 リバプール

配当金の計算は (1000×0.9)=900となります。(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

マンチェスター・ユナイテッドの賭け金:1000

試合結果

マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

1000の賭け金の負けとなります。

ランニングオーバー/アンダーの配当例:

ベット例1

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

オーバー 2/2.5 、賭け金:1000

▶試合結果

マンチェスター・ユナイテッド2:1 リバプール

配当金の計算は (1000×1.000)=1000となります。(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

オーバー 2/2.5 、賭け金:1000

試合結果

マンチェスター・ユナイテッド 2:0 リバプール

1000の賭け金の負けとなります。

ランニングPK戦ハンディキャップとオーバー/アンダー

  • PK戦はチームがハンディキャップのベットの条件を提供し、

    すべてのベットはPK戦が終了した時点の結果をもとに判定します。

    例:アーセナルVSリバプール

アーセナルがリバプールに0.5ボールとられ、結果はアーセナルが6ゴール、

リバプールが7ゴール、PK戦はリバプールの勝ちになります。
 

  • オーバー/アンダーのPK戦は1回目の5回ずつ(合計10回)のシュートの総ゴール数をもとに判定します。
     
  • 総ゴール数と予想した総ゴール数が一緒になると、賭け金はすべて返金されます。
    例:アーセナルVSリバプール
     

オーバー7.5ゴール或いはアンダー7.5ゴールをベットすると、結果は7ゴールと判定され、

アンダー7.5ゴールをベットしたプレイヤーは勝利となります。

ランニング 1×2

  • 特別な場合以外は、ベットはすべて試合時間の90分間が終了した時点の結果を判定します。
    (延長戦の得点は含まれません。)
     
  • 延長戦については別のオッズが表示されます。
     
  • すべてのベットは試合が終了した時点の結果をもとに判定します。

    試合時間の90分間が終了した時点の結果を基準にします。(延長戦の得点は含まれません。)

例:

  • ベットする時の得点は1-0、アーセナル(ホーム)に賭けます。
    アーセナルVSマンチェスター・ユナイテッドの最終得点は2-1の場合は勝ちとなり、アウェーチームと引き分けをベットした場合は負けとなります。
     
  • ベットする時の得点は1-0、アーセナル(ホーム)とマンチェスター・ユナイテッド(アウェー)に賭けます。
    アーセナルVSマンチェスター・ユナイテッドの最終得点は1-1の場合は負けとなり、引き分けにベットした場合は勝ちとなります。

前半戦ランニング 1×2

  • ベットはすべて前半戦の試合時間の45分間が終了した時点での結果を判定します。

    (特別な試合-40分間のフレンドリーマッチ-40分間とロスタイムが含まれます。)
      
  • すべてのベットは前半戦の試合の終了した時点の結果をもとに判定します。

例:

  • ベットした時の得点は1-0、前半戦のアーセナル(ホーム)に賭けます。
    アーセナルVSマンチェスター・ユナイテッドの前半戦最終的な得点は1-0の場合は勝ちとなり、アウェーチームと引き分けにベットした場合は負けとなります。
     
  • ベットした時の得点は1-0、前半戦のマンチェスター・ユナイテッド(アウェーチーム)と引き分けに賭けます。
    アーセナルVSマンチェスター・ユナイテッドの前半戦の最終的な得点は1-0の場合、負けとなり、アーセナル(ホーム)をベットした場合は勝ちとなります。

前半戦ランニングハンディキャップ

  • ベットはすべて前半戦の試合時間の45分間が終了した時点での結果を判定します。
     
    (特別な試合-40分間のフレンドリーマッチ-40分間とロスタイムが含まれます。)
     
  • 勝ち:前半戦の試合終了時の結果とオッズした時の得点はハンディキャップを提供する条件と比べます。
     
  • 配当金:前半戦ランニングハンディキャップの勝つ条件はプラスオッズを基準として計算します。

前半戦ランニングオーバー/アンダー

  • ベットはすべて前半戦の試合時間の45分間が終了した時点の結果を判定します。
     
    (特別な試合-40分間のフレンドリーマッチ-40分間とロスタイムが含まれます。)
     
  • オーバー/アンダー(合計得点):試合の合計得点によって、予想した得点より大きいと「オーバー」になり、
    予想した得点より小さいと「アンダー」になります。
     
  • 勝ち:前半戦の試合終了時点の結果(総ゴール数)とオッズした時の得点はオーバー/アンダーを提供する条件と比べます。
     
  • 配当金:前半戦ランニングオーバー/アンダーの勝つ条件プラスオッズを基準として計算します。

前半戦ランニングオッド・イーブン

  • ベットはすべて前半戦の試合時間の45分間が終了した時点の結果で判定します。(特別な試合-40分間のフレンドリーマッチ-40分間のロスタイムが含まれます。)
     
  • 前半戦の試合の総ゴール数が〔奇数〕になるか〔偶数〕になるか予想します。すべてのベットは試合終了時点での結果をもとに判定します。
    例:ゴール数と合計得点は〔奇数〕
    例:ゴール数と合計得点は〔偶数〕
     
  • 勝つ:前半戦の試合終了時点での結果(総ゴール数)とオッズした時の得点はオッド・イーブン(総ゴール数)を提供する条件と比べます。
     
  • 配当金:前半戦ランニングオッド・イーブンの勝つ条件プラスオッズを基準として計算します。

前半戦ランニングハンディキャップの配当例:

ベット例1

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

マンチェスター•ユナイテッドの賭け金:1000

前半戦の試合結果

マンチェスター•ユナイテッド 2:0 リバプール

配当金の計算は (1000×0.9)=900となります。(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

マンチェスター•ユナイテッドの賭け金:1000

前半戦の試合結果

マンチェスター•ユナイテッド 1:0 リバプール

1000の賭け金の負けとなります。

前半戦ランニングオーバー/アンダーの配当範例:

ベット例1

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

オーバー2/2.5、賭け金:1000

▶前半戦の試合結果

マンチェスター・ユナイテッド 2:1 リバプール

配当金の計算は (1000×1.000)=1000となります。(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

オーバー2/2.5、賭け金:1000

▶前半戦の試合結果

マンチェスター・ユナイテッド 2:0 リバプール

配当金の計算は1000×0.5=500の賭け金の負けとなります。

前半戦ランニングオッド・イーブンの配当例:

ベット例1

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

オッド0.90、賭け金:1000

▶前半戦の試合結果

マンチェスター・ユナイテッド2:1リバプール

配当金の計算は (1000×0.9)=900となります。(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

ベットする時の得点:マンチェスター・ユナイテッド 1:0 リバプール

オッド0.90、賭け金:1000

前半戦の試合結果

マンチェスター・ユナイテッド 2:0 リバプール

1000の賭け金の負けとなります。
 
 

スコアベッド

正しいスコア

  • 提供した試合の中で正しい得点数を予想します。
     
  • 90分間が終了した時点で結果を判定します。
     
  • 「その他」とはリストに表示されない得点です。結果はリストに表示されていない得点の場合勝ちとなります。
     

 

ゴール数ベッド

  • オッド・イーブン:試合の総ゴール数が〔奇数〕になるか〔偶数〕になるかを予想します。すべてのベットは試合終了した時点の結果をもとに判定します。
    例:ゴール数は奇数だと合計得点は〔奇数〕
    例:ゴール数は偶数だと合計得点は〔偶数〕
     
  • 総ゴール数:試合終了した時点の結果(総ゴール数)をもとに判定します。
     
  • ベットの選択:0~1ボール、2~3ボール、4~6ボール、7ボール以上。

 

ハーフ/フルタイム

ハーフ/フルタイム ベット

  • ハーフおよびフルタイムの試合結果を予想します。

ハーフ/フルタイム ベットと配当例:

試合結果

(ハーフタイム)アーセナル0:1マンチェスター・ユナイテッド

(フルタイム)アーセナル 1:1 マンチェスター・ユナイテッド

ベット例1

アウェー/引分(ハーフタイムはマンチェスター・ユナイテッドの勝ち/フルタイムは引分)にベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000*3.4-1000=2400(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

引分/引分(ハーフタイムの引分け/フルタイムの引分け)にベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000の負けとなります。

※注釈

中立地方式の場合で上がホームチームです。

  

両勝ベット

  • ホーム勝利と引分け-ホームチームが勝利あるいは引分けの場合勝ちとなります。
  • ホーム勝利とアウェー勝利-ホームチームが勝利あるいはアウェーチーム勝利の場合勝ちとなります。
  • アウェー勝利と引分け-アウェーチームが勝利あるいは引分けの場合勝ちとなります。
  • 計算:中立地方式で試合が行なわれる場合、上がホームチームとなります。

両勝ベットと配当例:

試合結果

ノーザンプトン 1:0 ブリストル・シティ 、ホームのノーザンプトンにベットした場合勝利

ベット例1

ホーム勝利あるいは引分けにベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000×1.371-1000=371(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

ホーム勝利あるいはアウェー勝利にベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000×1.434-1000=434(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例3

引分け/あるいはアウェー勝利にベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000の負けとなります。

 

1×2 パーレー

 

  • 試合で両チームがドローになる条件を基にベットします。試合終了時点の結果を判定します。プレイヤーが1×2のパーレーに現れるオッズが2以上の試合がベット対象になります。
     
  • 試合でどちらのチームが勝つか引き分けるかを予想します。

1×2 パーレーと配当例:

 

試合結果

 

アーセナル 0:0 マンチェスター・ユナイテッド

チェルシー 2:1 フラム

リバプール 3:1 トッテナム

ベット例1

アーセナルvsマンチェスター・ユナイテッドは引分け、チェルシーとリバプールは勝ち、3チームにパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000×3.2×1.7×1.3 = 6072(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2

マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーとリバプールが勝利、3チームにパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000の負けとなります。

 

ハンディキャップパーレー

 

  • 試合でチームがハンディキャップの条件を提供したものを基にベットします。試合が終了した時点の結果で判定します。プレイヤーが1×2 パーレーに現れるオッズを2回の試合にベットすることになります。
     
  • 試合でどちらかのチームが勝つかを予想します。
     

ハンディキャップパーレーと配当例:

試合結果

アーセナル 0:0 マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー 2:1 フラム、リバプール 3:1 チェルシー、中国 3:2 日本
 

ベット例1  (半分勝ち)

マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーとリバプールが勝利、3チームにパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000x( 1+0.925)x(1+0.875/2)x ( 1 + 1.1 ) -1000= 4811になります。

ベット例2  (半分負け)

マンチェスター・ユナイテッドとフラムとリバプールが勝利、3チームにパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000 x ( 1 + 0.925 ) x ( 0.5 ) x ( 1 + 1.1 ) -1000= 1021になります。

ベット例3

マンチェスター・ユナイテッドとフラムとトッテナムが勝利、3チームにパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000の負けとなります。

ベット例4  (半分勝ち+引分)

マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーと中国が勝利、3チームにパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は 1000 x ( 1 + 0.925 ) x ( 1 + 0.875/ 2 ) x ( 1 ) -1000= 1767 になります。
 

クロスパーレー

クロスパーレーの規則

  • 試合でチームが1×2、ハンディキャップ、オーバー・アンダー、オッド・イーブン、前半戦ハンディキャップ、前半戦オーバー・アンダー、正しいスコア、総ゴール数、ハーフ/フルタイムの条件を基にベットします。試合終了時点の結果を判定します。プレイヤーがクロスパーレーに現れるオッズが2以上の試合にベットすることになります。
     
  • クロスパーレーにベットする時、同じ試合で2回以上のベットは禁止となります。
     

クロスパーレーと配当例:

試合結果

バーンリー 0:2 リーズ、ウィーガンド 2:1 ニューカッスル、シャッカ 3:1RoPS Rovaniemi

ベット例1  (全勝)

リーズ(1×2 )とウィーガンド(ハンデ)とシャッカ(偶数)、3チームパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000 x 1.30 x (1+0.98) x (1+1.02)=4,199.48になります。(配当金は賭け金を引いた金額)

ベット例2  (全敗)

バーンリー(総ゴール数0~1)とニューカッスル(オーバー)とRoPS Rovaniemi(得点1:0)、3チームにパーレーベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000を負けとなります。

ベット例3  (半分勝ち)

リーズ(アンダー)とウィーガンド(1×2)、RoPS Rovaniemi(ハンデ)、3チームにパーレーをベットし、賭け金は1000

配当金の計算は1000 x( 1 + 0.940 ) x 1.30 x ( 1 + 0.950 / 2 ) = 2720になります。(配当金はすでに賭け金を引いています)

ベット例4  (半分負け)

リーズ(総ゴール数2~3)とウィーガンド(得点2:1)とシャッカ(ハンデ)、3チームパーレーをベットする、賭け金は1000、配当金の計算は1000 x 1.55 x 13 x ( 0.5 ) = 9075 になります。(配当金は賭け金を引いた金額)
 

 

コーナーキックとレッド/イエローカード数

 

  1. コーナーキック数とカード数からハンデの球数、カード数を引いて、数が一番多い方を勝ちと予想します。
     
  2. コーナーキックはすべての試合時間が終了した時点の結果(ボール数)で判定します。また中止の場合ベットは無効となります。
     
  3. レッド/イエローカードはすべての試合時間が終了した時点の結果(カードが現れた回数)を判定します。延長戦と審判の終了の笛が鳴った後のカードは計算しません。
     
  4. イエローカードは1点と計算し、レッドカードは2点、同じ選手の2枚目のイエローカードはレッドカードとして計算、つまり3点になります。(各選手の最多のレッド/イエローカード合計点数は3点となります。)
     
  5. レッド/イエローカード数のハンディキャップの場合、1つのハンディキャップは1ボール1点のハンデ、2つのハンディキャップはハーフボール/1ボール数0.5点/1点のハンデになります。
     

同じ選手の点数の計算については以下の通り:

  • 両チームのレッド/イエローカード数はすべて試合時間が終了した時点の結果(カードが現れたの回数)を判定します、オフィシャルサイトによって示された結果を判定します。
    選手に提示したイエローカードのみで、監督、コーチやマネジャーに提示したイエローカードは含まれません。

レット/イエローカード数の配当例:

 

試合結果

ポルトガル 1 イエローカード 1レッドカード 3 点になります

メキシコ 2 レッドカード 4 点になります

試合結果は ポルトガル 3:4 メキシコとなります。

ベット例1

例:賭け金は1000、ポルトガルにイエローカードをベットした場合

配当金の計算は1000の負けとなります。

ベット例2

例:賭け金は1000、メキシコにイエローカードをベットした場合

配当金の計算は1000×0.95=950になります。(配当金は賭け金を引いた金額)

 

ゴール/ゴールしない

 

  • ベットはすべて試合時間が終了した時点の結果(ゴールしたかしていないか)を判定します。オフィシャルサイトによって示された結果で判定します。
     
  • オウンゴール(OWN GOAL)を有効と見なします。
     
  • オウンゴール(自陣のゴールに誤って失点してしまうこと)相手のゴール数に認定されます。

 

最初のキックオフ

  • 試合が始まる際、最初のキックオフのチームを予想します。
     
  • 試合が途中でキャンセルされた場合、キックオフが行われた場合は有効となります。

 

最初のイエローカード

 

  • 試合で選んだチームが最初のイエローカードをもらうかどうかを予想します。
     
  • 最初のイエローカードは「イエローカード」で、「レッドカード」は含めません。
     
  • オフィシャルサイトによって示された結果で判定します。選手に提示したイエローカードのみとなり、監督、コーチやマネジャーに提示されたイエローカードは含まれません。

 

最初のコーナーキック

 

  • 試合で選んだチームが最初のコーナーキックをもらうかどうかを予想します。

 

オフサイドトラップ

 

  • ハンデのボール数とオフサイド数を引いて、数が一番オフサイドが多い方チームを予想します。
     
  • レギュレーションタイムまたはアディショナルタイム間のオフサイドのみが対応となります。
     
  • 延長戦の時間で起こるオフサイドは含まれません。
     

 

幻の対戦

 

  • 説明:幻の対戦はオンラインサイトが仮想した試合で、実際の試合のゴール数を用いて相互比較、勝敗にベットします。配当金の考え方はサッカーベットルールと同じです。
     
  • 規則は以下の通りです:両チームのそれぞれの得点とハンディキャップの条件を基に計算します。 (※ベットはすべての試合時間が終了した時点の結果を判定します。延長戦とPK戦は含まれません。もし、一方があらゆる原因で試合がキャンセルになった場合、ベットは無効になります。当日の同時刻ではない、かつ同じグラウンドで進行していない試合が該当になります。)
     
  • 例:正式な試合→1.アーセナルvsリバプール/2.リアル・マドリードvsバルセロナ
       夢幻対戦→1.アーセナルvsバルセロナ/2. リバプールvsリアル・マドリード



Next Post

【必勝法】パーレー法

パーレー法って? 勝負に勝った時に使える方法で「前回賭けた金額の2倍賭ける」という方法です。 逆マー […]
Copyright © 2020いまカジ! All Rights Reserved.